1. HOME
  2. 事例紹介
  3. 工程から選ぶ
  4. 切削加工工程
  5. 水溶性切削油の腐敗を防止し、交換コストをゼロにした事例

事例紹介

CASE

腐敗、臭気

水溶性切削油の腐敗を防止し、交換コストをゼロにした事例

導入前の課題:水溶性切削油が半年たたずに腐敗し、工場の周辺住民からも臭気クレームが出ていた

導入後の効果:腐敗臭がなくなり、現場の作業環境が改善され、コストダウンにもつながった

お困りごと(導入背景)

こちらの企業様は、従来使用していた水溶性切削油が半年たたずに腐敗し、現場は常に腐敗臭が漂っており、工場の周辺住民からも臭気クレームが出ていました。
そのため、年2回のクーラントの入れ替え作業をしていましたが、油の使用コストが負担になるのはもちろんの事、交換の際に機械を止めなければならないため、生産効率の悪い状況でした。
また、機械内外にべたつきが出ており、作業環境の改善も必要でした。

選定理由

鋳物を加工する際に出る切粉が切削油に混ざり、悪影響を及ぼしていることが考えられたため、鋳物加工用に開発された油剤を提案しました。

導入後の効果

水溶性切削油のコストダウンをしつつ、腐敗を防止した事例

使用中の油剤とほぼ同等の価格で、使用いただいてから5年間を経過しても腐敗せず、無交換のままです。
結果として、腐敗臭がなくなり、現場の作業環境が改善されました。
機械内外のべたつきも出なくなり、加工精度の低下、部品のサビ発生といったトラブルもありません。

結果的に、1年間でオイル交換にかかっていた費用のうち、

  • 排出される水溶性廃液の処理費用3,000L×40円×2回=24万円
  • 新たに投入する原液600Lの購入費用、希釈水6,000Lにかかる水道代
  • 作業者の人件費など

が削減でき、周辺住民からのクレームも出なくなりました。

お気軽にお問い合わせください。

潤滑油、切削油などの提供から廃液の回収やリサイクルにいたるまで、
工業用油剤に関するお困りごとは長岡石油までご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連事例